カメラ転売・輸出で初心者が最初に仕入れるべき価格帯と初期戦略とは?

こんにちは。カメラ転売・輸出に対しての質問がある方にブログで返答している遠島です。

このブログを見ている方で、カメラ転売・輸出に関して質問がある方がおりましたら、本ブログの右上にあります、問い合わせからメッセージいただければブログかメールでおこたえさせていただいております。(多分メッセージが少ない今だけです笑)

現在は仕入れに関してのお問い合わせがあったので、仕入れに関しての記事を増強しております。

さてそれでは引き続き仕入れに関して、カメラ転売・輸出初心者が最初に仕入れるべき価格帯はいくらくらいが良いのか・・・それは・・・

3万以下の商品

初心者が手をだすべき商品価格帯として3万以下の商品が適正と考えます。じゃあその理由は?って気になりますよね。というか商品の単価が高ければ高いほうが差額取りやすいんじゃ?と思うそこのあなた!・・・正しいです。

しかし初心者のうちは3万以上の商品を手を出してはいけないと考えています。というのも考えてください。あなたは今カメラ転売用のクレジットカード一枚30万円限度枠のものを所持しています。

30万円の商品1個、5万円の商品6個、3万円の商品10個。初心者のあなたが手をだすべきはどれでしょうか。あなたが初心者であるという前提で話すのであれば間違いなく3万円の商品10個です。

なぜか・・・

圧倒的に経験値が足りないからです。

例えば、30万円の商品を一個買ったとしましょう。あなたが作業に慣れたりするために勉強できる教材は一つしかありません。対して、3万円の商品を10個購入することで10回分あなたは仕入れ・検品・清掃といったことを勉強することができます。

数をこなすということは確かに最初は大変かもしれませんが、商品知識や相場観を養うにはうってつけです。それと最初から30万の商品って怖くないですか?これが売れなかったら30万円の資金を固定してしまう。それと30万くらいの高額になると手数料も馬鹿でかいです。(ちなみに30万円くらいだと3万円は手数料として持っていかれることを認識してください。)

それだけ差額のある商品を見つけるのは最初のうちは至難の業です。だったら普段のお買い物でも利用している金額帯のものを仕入れるほうが良いと思いませんか?

トップセラーとの競合を避ける

ちなみに3万円以下の商品はトップセラーとの競合を避ける、差別化を図るのにも重要な手法です。トップセラーは大体1~3万以上の商品しか基本的に見ておりません。

それ以上の値段帯が利益を出しやすい商品が多いからです。その戦場で素人のあなたがバチバチ戦う必要はないのです。

まずは安めの商品をリサーチして、薄利でも良いので利益を出すことが大事です。そうすることで仕入れるための金額を徐々に増やして、3万円以上の高額商品を仕入れても良い体制を作って行くのが王道の手法になります。

遠島の独り言

ちなみにぼくは今でも普通に3万以下の商品を仕入れています。このあたりの金額帯でも一品あたり1万円の利益が出るということも普通にあるので、是非そういう商品を見つけてみてくださいね。初心者の頃に仕入れたものも未だに仕入れています。これがカメラ転売の魅力ですね!稼げる商品はずっと稼ぎ続けられるので楽なものです笑

最も効率的な人工知能型カメラ転売兼開発者兼アラサー副業サラリーマン 北海道生まれ北海道育ち。就職を機に上京するも、東京の人混みと満員電車と会社の非合理性にこれ以上は無理と感じる。違う生き方を模索しているなか副業を始め、副業でありながら月収50万を達成し継続している。給料のみに頼らない生き方、経営者の考え方や、わがままに生きる方法、興味あることを発信中。