房総半島一周自転車ツーリングの旅 二日目

こんにちは。房総半島一周自転車の旅二日目の遠島です。

一日目はこちらから。

房総半島一周自転車ツーリングの旅 一日目
2泊3日の房総半島一周自転車ツーリングの旅にでました。一日目の報告を致します!

本日のルートは以下!

折角銚子に宿泊したので、日本一早く日の出を見ようと思い4時半に起床し海岸へいくも・・・ご覧の有様だよ!

一応、日の出時間まで粘ったものの日の出が見られる気配がなかったので一度宿に戻って二度寝しました。

二日目のルートコンセプト

一日目と違いルートコンセプトもなにもなく海岸線をずっと南下するというシンプルなもの笑

出発は8時

日の出が見られなかったのでふて寝して、再度起きたのが7時。準備等を行い出発です!なんのひねりもなくずーっと海岸沿いを走るという気持ちのよいコースですw

早速第一の目的地犬吠駅に到着。駅前では太極拳をやってるおじいちゃんおばあちゃんが居る前でぼくも準備体操を行います。そしてここには桃鉄で有名なボンビーがおります。

銚子駅前(9時)

そのあとは昨日素通りした銚子駅前。じいちゃんばあちゃんが多い!笑

あとは少しアマガミ聖地巡礼をして海岸沿いのサイクリングロードへ。ここからは延々とまっすぐである程度平坦な道が続きます。

しかしこのサイクリングロードところどころ砂で覆われていて走れないところがあるので注意が必要ですw

そんなときは並行して車道もあるのでそちらにうつるといいでしょう。ぼくはそうしました。

途中の地名で驚いた地名です。おどろきです。

九十九里浜のともえ(13時)

そして13時頃九十九里浜のともえでランチ。レディースセットです。普通盛りが食べれないだろうからと思って頼みました。どうしても自転車乗っているとガッツリ食べられなくなるんですよね・・・。ちなみにこのあたりご飯食べるところが極端に少なくなるので注意です。

ちなみにこの時点で足がプルプルきてました。ここでかなりゆっくり休んだと思います。

そして次の目的地、御宿 月の砂漠。

このあたりから海がキレイだなーと思うようになりました。なんででしょうね。あまり銚子の方とかはキレイに感じなかったのですが・・・

このあたりから体力的に結構きつくてだらだら流しながら自転車を走らせ勝浦に到着。

鴨川到着(17時)

ここでもつらっと聖地巡礼をしつつさくっと次へ。そろそろ鴨川での観光ができない時間帯になってきていたので急ぎました。なんとか走らせて17時頃に鴨川に到着!

ここでもぷらっと輪廻のラグランジェの聖地巡礼をしてきました。まるっ!その中でも一番好きなところはやはり誓いの丘でしょうか。パノラマで取ればよかった・・・。

ここからの夕暮れの光景はこの旅で一番印象に残ってます。とても綺麗でした。カップルがひと組とカメラを持ったおっちゃんがいたのがいい思い出です。そんななかレーパン履いたチャリダーも来るのだからムードもへったくれもなかったでしょう。ざまぁみろ!

そしてそのあとはきゃりーさんこと声優の石原夏織がごはんを食べたという中華東洋さんでおらが丼をいただきました。

まーうまかったです!疲れた体にこの塩味が染み渡る!

旅人の宿 魚拓荘 (22時到着)

そしてそのあと千倉まで暗い夜道を走らせながら22時くらいに宿に到着。ただあのあたりは本当夜間走るのは真っ暗なのでおすすめしないです。まじで怖い。なにか出てきそう追ってきそうでした・・・。

今回お世話になるのはこちらの宿です。

大変良くしていただきました。最安値で泊まれればいいかなと思っていたのですが、部屋がたまたま空いていたので日の出の部屋という部屋をあてがっていただきました。(日曜日から月曜日への泊まりなのでそこまでお客さんも多くなかったので本当特別だと思います)

また宿泊した後にもお礼のメールが来て好感度がうなぎ上りです。部屋はこんな感じでとても広くてくつろげました。やはりたまに畳はいいものですね。

そしてなにより隣にコンビニがあるのでとても便利です。そしてこのあたり限定?のお花のアイス。なんとも不思議な味でなんの花なんだろう・・・。

そして例によってすぐ眠りにつきましたw

二日目総括・本日の教訓

海岸線の風はまじで洒落にならない。ただ気持ちはすごくよかったです。そして昨日の反省を活かして、走行情報を取得できるようになりました笑

二日目の走行情報

乗車時間 6:03:13

停止時間 5:39:24

距離    131.44km

平均速度 21.71km/h

最高速度 61.34km/h

登り    1176m

カロリー  3629カロリー

出費

食費:5250円

宿泊費:8000円

小計:13250円

合計:22950円

三日目に続く

最も効率的な人工知能型カメラ転売兼開発者兼アラサー副業サラリーマン 北海道生まれ北海道育ち。就職を機に上京するも、東京の人混みと満員電車と会社の非合理性にこれ以上は無理と感じる。違う生き方を模索しているなか副業を始め、副業でありながら月収50万を達成し継続している。給料のみに頼らない生き方、経営者の考え方や、わがままに生きる方法、興味あることを発信中。