【分煙】神保町と小川町の間にある静かで電源のある漫画喫茶店「眞踏珈琲店」が最高だったアアアアアアアアアアアアァァァ!!!!

こんにちは、静かな喫茶店大好きの遠島です。

本日はたまたま打ち合わせで使って静かで漫画があって最高だった喫茶店「眞踏珈琲店」を紹介したいと思います。折角の三連休ですので、お近くまで行った際は是非寄ってみてください。

2016年9月にオープンしたようで、まだ半年くらいしかたっていないようですね。

入口


まず入口からして良い雰囲気だと思いませんか?
この一見さんお断り感のある入口とともすれば見落としてしまうくらいの小ささ。
本当に入ってよいのかためらわれる扉ですけど笑

店内



店内は1階と2階で分かれており、1階は喫煙、2階は禁煙と別れております。1階にカウンターがあって、2階へはこの階段を登っていきます。2階の結構奥まったところに座ったからということもありますが、特に煙いとかタバコ臭いとかそういうものはありませんでした。

テーブル




作業するには小さいかもしれませんが、お茶するにはちょうどいいサイズ感のデスク。少しコーヒーのお値段は高めですが、まぁこれだけの雰囲気と、コーヒーの美味しさ(とてもすっきりして飲みやすかったです。水出しコーヒーが推されていたので今度は飲みたいと思います)、漫画があるので妥当なお値段でしょう。なにより各テーブルに電源が付属しています。しかも静か。土日の真っ昼間に行きましたが席に余裕がある状態でした。

置いてある漫画も僕の好みドンピシャで、今度一人で行って色々読破したいと思います。
本棚にもまだまだ空きがあるため、これからもまだまだ本が増えていくことでしょう。会計しに行った際も本の検品をしていました。

ツイッター

開始当初から眞踏珈琲店の公式アカウントが非常に面白い笑
本の紹介と店員さんのテンションの高さとカップを割った報告が主ですが、たまに差し込まれる通常のコメントが引き立ってそのギャップも非常に面白い。ただお店はとっても静かで、実際の店員さんはニコニコしていてとても親しみやすい店員さんでした笑

トイレ

トイレがまた最高で、なんと隠しトイレになっているんですよ!これ男のロマンが溢れていて素敵なので是非調べないで行っていただけたら、まじかよすげぇ!ってなること間違いないです。写真はありません・・・。

立地

神保町と小川町の本当中間にあります。それぞれの駅付近に喫茶店がたくさんありますので人が少ないというのも納得なところです。

公式サイトデザインも素敵や・・・

眞踏珈琲店

平日・土:11:00 – 23:00
日祝:12:00 – 21:00
東京都千代田区神田小川町3-1-7

最も効率的な人工知能型カメラ転売兼開発者兼アラサー副業サラリーマン

北海道生まれ北海道育ち。就職を機に上京するも、東京の人混みと満員電車と会社の非合理性にこれ以上は無理と感じる。違う生き方を模索しているなか副業を始め、副業でありながら月収50万を達成し継続している。給料のみに頼らない生き方、経営者の考え方や、わがままに生きる方法、興味あることを発信中。