【人形町・水天宮前】こんなカレー食べたことない!?くんかれ【燻製カレー】

こんにちは。三度の飯よりカレーが好きな遠島です。

今日はぼくが月に1回はきている、人形町にある燻製カレーを提供するくんかれを紹介したいと思います。テレビや雑誌にも取り上げられているみたいですね。

とりあえず人形町付近でお腹が減ったらここ。僕の中での鉄板です。

本当ここのカレーはくせになります!

人形町といいつつ、水天宮前(8番か6番出口)のほうが近いのですが・・・

夜だとこんな外観のお店です。

ちなみにすでにこの辺で燻製とカレーのいい匂いがただよってきます・・・・。

最初この看板を見た時はルーを燻製したカレーとか何言ってんだ笑

と思ったものでした。本当すみませんでした。

ちなみにカレールーの燻製は独自で開発した製法で特許も取得しているみたいです!

お店の中の雰囲気はこんな感じです。

お酒も置いてありカレーだけではなくおつまみもあるため、少しおしゃれな飲み屋みたいな趣もあります。ただし燻製の匂いがします笑

メニュー

メニューはこんな感じです。

ぼくは大抵燻製全部のせカレーを頼みます。一番バランスが良いです。あー食べたくなってきた・・・。

ランチメニューの表ですが、自分が食べたいカレーを選んだら、次に辛さ、燻製の強さ、ライスの量、トッピングを選びます。

成人男性のぼくは大体、辛さ:スタンダート、燻製の強さ:普通、ライスの量:Mを選びます。

ライスをLにすると、すこしご飯が足りなくなるので、ルーの大盛りにすることをおすすめします。

ランチもやっているなら昼夜ここのカレーでもいい・・・。

ここきたら絶対カレー食べてしまうのですが、一回呑んでみてもよいかなというメニュー・・・・燻製ソーセージとか絶対うまいでしょ!

こういうものを読みながら5分程度待ちましょう・・・。え?光の反射でよく見えない?是非くんかれのこだわりを実際に足を運んで読んでみてください。

燻製には桜・林檎のチップとウッド、ホワイトオークチップの5種をブレンドして仕込んでいようですね。

カレー

五分程度待つとこんな感じのカレーが出てきます。

カレーが出てくる前から燻製されたいい匂いが立ち込めてくるのですが、到着するとまた一段と燻製されたスパイスの香ばしい香りが食欲をそそります。

お皿もなんかかわいいんですよね。お店の内装とのギャップが笑

見てくださいこの燻製達・・・チーズ、卵、ベーコン、チキンがまたそれぞれの個性が引き立っていて美味しいんですよ・・・。

ルーはしっかり玉ねぎの甘みを活かしているサラサラしたルーでご飯とトッピングに合わせやすい食べやすくなっています。それに対してライスが硬めでバランスがとてもよいです。

カレーを口にすると香ばしさが広がり、玉ねぎの甘みとルーの程よいスパイスがたまりません。

ぼくは大体トッピングは右から順番に食べていくのですが、

チーズはしっかり燻製の香りがしつつもチーズの味もしっかりするのでカレーと食べるとその旨味がまします。トッピングの中で一番好きかもしれないチキンもカリッした部分がまたうまいんですよねぇ・・・ベーコンはひとかじりすると、良い塩梅の塩気と旨味が溢れてきます。

遠島の独り言

お近くに行ったときは是非立ち寄ってみることをおすすめします!普通のカレーに飽きてしまったカレー好きなら是非!

ぼくが毎回行くタイミングが変なのか、美味しいのにあまり混んでなくさっと入ることができ、さっとカレーが出てくるので、お一人様が基本のぼくとしてはとてもポイントが高いです。

卓上に辛さを増したり、無駄なトッピングのなさがこう・・・黙ってこのカレーを食えという男気を感じて好きです笑

ただ、食べにいって休みだと何食べよってなるから定休日不定休はやめてほしいところ・・・行く前に電話で確認したらいいのかもだけど・・・面倒なんですよねぇ・・・

立地・営業時間

公式HP:燻製かれー くんかれ

営業時間
・ランチ  11:00~15:00(L.O. 14:30)
・ディナー 17:00~23:00(L.O. 22:30)

定休日 :不定休

住所: 東京都中央区日本橋人形町1-12-11

電話番号:03-3664-3411

最寄り駅
東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」8番出口より徒歩1分
東京メトロ日比谷線「人形町駅」A2出口より徒歩3分

最も効率的な人工知能型カメラ転売兼開発者兼アラサー副業サラリーマン

北海道生まれ北海道育ち。就職を機に上京するも、東京の人混みと満員電車と会社の非合理性にこれ以上は無理と感じる。違う生き方を模索しているなか副業を始め、副業でありながら月収50万を達成し継続している。給料のみに頼らない生き方、経営者の考え方や、わがままに生きる方法、興味あることを発信中。