副業の物販(せどり・転売)の中でカメラ転売・輸出を選んだその理由とは

こんにちは。副業サラリーマンの遠島です。

前回は数ある副業の中でなぜ物販(せどり・転売)を選択したかという記事を書きました。

副業初心者のサラリーマンにおすすめの副業は、物販(せどり・転売)だ!
時間のないサラリーマンにおすすめの副業はせどり・転売です!それを間違うと一番貴重な資産である時間を無駄にしますよ?その理由は・・・

本日は数ある副業の中で、しかも物販(せどり・転売)において、なぜカメラ転売・輸出を選んだのかについてお話しようと思います。

そもそも副業でできるせどり、転売のジャンルとは

  • 無在庫転売
  • 有在庫転売
    • オールジャンル
    • 特化型
      • 本・ゲーム・CD・DVD
      • 楽器
      • カメラ

おおよそこのように大別出来ます。それぞれをざっくり説明しますね。

無在庫転売とは

無在庫転売とは、国内の特定のサイト(ヨドバシカメラや、その他個人店舗等)から国内のAmazonや海外Amazon、EBAY(全世界のヤフオクのようなもの)等に画像や商品状態を転記してその差額を収益とするモデルです。よく言われる文句としては、売れてから購入するのでリスクがない!と言われているようなものになります。

なぜ無在庫転売を選択しなかったか。

最初にこのビジネスの形を見た時、遅かれ早かれシステム化できてしまうなと思ったからです。現状でも半自動化、3クリックで出品可能みたいな触れ込みのツールはありますが、正直全自動できると考えています。というか我々が作ったMarketLinkを応用することで既に同様のことが出来ます。つまり無在庫転売に手を出しても近い将来ツールの勝負になることで、値段の叩き合いになり、結局稼ぐことができなくなると考えたからです。

有在庫転売とは

商品を安く仕入れて、高く販売するというだけのわかりやすいビジネスの形です。商社と同じようなものですね。商品を仕入れる時点で売れるまでの目利きが必要になるため、無在庫販売よりリスクがあります。例えばクレジットカードで仕入れた商品が売れなく、赤字でも売らないとクレジットカードの引き落としができなくなってしまうなんてことが起きてしまいます。

オールジャンル

ヨドバシカメラやビックカメラ、ジョーシンやトイザらスなどに実際に行き、専門サイトを見ながら差額と売れ行きを見ながら仕入れるというものになります。オールジャンルとはなりますが大体得意カテゴリーが決まってきます。おもちゃだったり、ゲーム機だったり。このあたりは無在庫転売と同様で、リアルの店舗で仕入れて、国内外のAmazonやEBAYに出品しその差額を収益とするというものです。

なぜオールジャンルを選択しなかったか。

基本は店舗仕入れが多くなるので、サラリーマンの副業としてはなかなか伸ばしづらく感じました。土日潰してもあまり仕入れられなかったり、夏とか冬とかめちゃ暑かったり寒かったり、でかくて重い荷物を担いで次の店に行くのに限界を感じました。地方だとよく車で移動して仕入れるようですが、都内在住で車なんてなく・・・。部屋で夏は涼しく冬は暖かく作業したいダメ人間でした。

中古本・ゲーム・CD・DVD

よく聞くせどり等はこの辺になるのではないでしょうか?ブックオフせどりなどと言われていますが、ブックオフでレジで使うバーコードリーダーのようなもの(最近のは結構小型ですけどね)を使いながら利益の出る商品を仕入れるといった形になります。これは大体お店の人からは嫌がられます。メンタルが強くないと厳しいです。直接注意されるところもあります。

なぜ中古本・ゲーム・CD・DVDを選択しなかったか。

一つ仕入れるのに対しての利益が薄利すぎなのと、近くのブックオフや中古店舗を回って仕入れるのは良いけど、数を集めるのに限界を感じました。あとお店の人から嫌がられるのが本当精神的に辛かったからです。また相場の変動が激しすぎて正直追いきれないなと思ったのもあります。相場の変動が激しいということは、値が上がる時もありますが、大体競合が多くなって値段が下がるなんてのが多いです。

楽器転売

日本の楽器は結構海外では精度が高いということで人気があります。また個人的に音楽には結構縁があって、ピアノ、ギター、チェロなど幾つか楽器をやってきたので、これもいいなぁと思ったんですが・・・・

なぜ楽器転売を選択しなかったか。

ご存知の方もいると思いますが、楽器ってケースに入れるとすげーでかくて幅取るんですよね。チェロとかギターとか数個買ったら部屋が埋まるということでこれも上限絞られるなと感じました。あとひとつひとつの楽器の特性をつかむのにも時間がかなり掛かりそうで・・・。ヤフオク仕入れ、ネット仕入れとかができるので、ありだなぁと思ったいたのですが・・・。

カメラ転売・輸出

日本に旅行しに来ている外国人のカメラを見ていただければわかるかとおもうのですが、大体がNIKON、CANON、SONYを首から下げていると思います。そう、日本のカメラは全世界的いみてもシェアは8,9割なのです。つまり国内で仕入れやすく、逆に国外では中古カメラ・レンズが手に入りにくい環境になります。その差が大きな利益になります。またカメラやレンズはご存知の通り、かなり小さいです。レンズなんておにぎり一つサイズで4,5万するので、小さくて単価が高く、一品の利益が大きい。まさに個人で始めるにはとても良い商材なのです。個人的にカメラ、レンズが好きなので、色々なものを仕入れて試せたりもするなぁということも挙げられます。

いかがでしたでしょうか?カメラ転売輸出の良さをご理解いただけましたでしょうか?
次回はもう少しカメラ転売の良さをお話しようと思います。

最も効率的な人工知能型カメラ転売兼開発者兼アラサー副業サラリーマン 北海道生まれ北海道育ち。就職を機に上京するも、東京の人混みと満員電車と会社の非合理性にこれ以上は無理と感じる。違う生き方を模索しているなか副業を始め、副業でありながら月収50万を達成し継続している。給料のみに頼らない生き方、経営者の考え方や、わがままに生きる方法、興味あることを発信中。