SPECIALIZEDのクロスバイクSIRRUSをドロップハンドル化してみた

こんにちは。サイクルジャージを集めるのが趣味の自転車乗りの遠島です。

そろそろ自転車乗るのに良い季節になっていましたね!

ぼくの趣味の一つに自転車があります。趣味の大半を占めていると言っても過言ではありませんが、最近乗れてないので部屋のオブジェになっています・・・。

そんなぼくですが、自転車乗り始めたときにどうしてもクロスバイクをドロップハンドル化したい衝動にかられてどのようにドロップハンドルにしたかということを、クロスバイクをどうしてもドロップハンドル化したい層に向けて記事を書きます。

現在所持している自転車は2台

ゆるっと長距離用クロスバイクのSpecialized Sirrus

がっつり走りたい時用のGIANT TCR SL 2

という形で用途が分かれております。

しかし将来的に自転車で旅したいなと思ったと時、GIANT TCR SL2にはほとんどキャリアをつけるようなダボ穴がありません。(というかそもそもキャリアをつけたりするのは野暮ですね・・・)

なのでこの際、クロスバイクをランドナー仕様(旅行用自転車)にしようと決意した次第であります。(後にランドナーというのは正確ではなくsirrusの場合スポルティーフというようです。)

正直現状のまま、

キャリアをつけて「はい、スポルティーフ完成!」というのはたやすいのですが、

折角なのでいろいろいじってみることにしました。

目玉変更点:ドロップハンドル化!

sirrusでは散々やりつくされた感がありますが、やっぱりドロップハンドルだよねということでこの際がばっと変えてしまうことを決意。

ネットで検索してみると自前でもできるようなことが書かれておりましたが、旅仕様となるとやはり信頼性も大事かなと思いお店でやってもらうことに。

大抵の店だと

「sirrusでドロップハンドル?おいおいロード買った方がいいよと一笑されました。」

都内大手とかは特にその傾向が顕著でした。くっそー・・・そんなこと俺だってわかってんだよ!しかし大学時代、長距離を一緒に走ってきたこいつを腐らせておきたくはないという、ぼくの気持を汲んでくれるところはありませんでした。

そこでこいつを活かしてやりたいということを理解してもらえる店を探しました。紆余曲折(実際のお店の感じやホームページ等を見て)を経て、サイクルショップよしださんにお願いすることに決めました。

サイクルショップよしださんを選んだ理由

決め手としては、サイクルショップよしださんのTUNEUPSTATIONのところで過去にsirrusをロードバイク化した実績があったという点につきます。また家から近いということもポイントでした。

また以前にも行ったことがあり、狭いけれどもお客さんと談笑しながら作業をする店員さんたちを見てこのアットホームさはいいなぁと思いました。

サイクルショップよしださんがたまにやる格安セールも行くとかなりのサイクルグッズが揃っておすすめです。是非ブログもチェックしておくことをおすすめします。びっくりするほど安いです。このお陰でかなりサイクルグッズが揃いました。

見積もり

自転車を持ち込んで、実際に見積もってもらいました。

話した際の会話の内容としては、

「サイトに載ってるsirrusの改造はある程度パーツがあったらからなんとかなったものであって、そのパーツが廃番となってしまった今なかなかsirrusの改造するのは難しいんだよねぇ。」

とのこと。
ある程度実験はさせてもらいますけどそれでもよいですか?というような旨の事を包み隠さずお話してくれた上で、それでも良ければ全力でやりますよ!と仰っていただけたので、ぼくも快くお願いいたしました。

SPECIALIZED SIRRUS BEFORE

さて現状のsirrusのスペックは以下の通りです。自分が持っている自転車だからっていうのもあるかもしれませんが、この時期のsirrusのデザインが好きですね。

メーカー:SPECIALIZED(スペシャライズド)

モデル名:SIRRUS

年式  :2008年

サイズ :49

適応身長:168cm – 175cm

重量  :11.1kg (写真の状態での実測値)

参考定価:\71,400(税込)

カラー :ホワイト

フレーム:アルミ

フォーク:アルミ

ボトムブランケット:Default⇒SHIMANO TIAGRA SM-FF4600 ホローテック-Ⅱ

クランク:sugino 170mm⇒SHIMANO TIAGRA 170mm

チェーンリング:48/38T

チェーン:Default

FD   :SHIMANO NEXAVE⇒SHIMANO TIAGRA

RD   :SHIMANO SORA⇒SHIMANO TIAGRA

フリー :SHIMANO HG50 8速 12-25T⇒SHIMANO TIAGRA 10速 11-25T

シフター:SHIMANO EF50⇒SHIMANO TIAGRA

レバー :SHIMANO EF50⇒SHIMANO TIAGRA

ブレーキ:SHIMANO DEORE⇒SHIMANO BR-CX50 カンチブレーキ アジャスター(SM-CB70)付属

リム  :ALEXRIMS S500

ホイール:Default

リム  :Default

フロントハブ:Default

スポーク:Default

F/Rタイヤ:SPECIALIZED ALL CONDITION 700x28c クリンチャー⇒Specialized RoubaixPRO 700×23/25C

チューブ:Default

クイックレバー:NB⇒SHIMANO TIAGRA

ステム :Default ※ステム長= 90mm(芯-芯)

ハンドル:

バーテープ:

バーエンド:SPECIALIZED P1 OVERENDZ BAR ENDS

サドル :SPECIALIZED sonoma 155⇒SPECIALIZED ROMIN EVO EXPERT

シートポスト:ITM MILLENIUM CARBON

シートビンダー:Default⇒grunge ダボ付きシートクランプ

赤字のような変更になりました。

SPECIALIZED SIRRUS AFTER

どんな感じかというと・・・

これぞまさに現代のスポルティーフ!!

ほぼパーツ全換えの様相を呈しております笑

気になるお値段は・・・

クロスバイクをドロップハンドル化するにあたって、一番気になるのは実際にドロップハンドルにできるかどうかというところもそうだと思いますが、お値段ではないでしょうか?

計10万円也

正直この値段ならもう一台クロスバイク余裕で買えるし、ロードの入門機GIANT位なら買えちゃえますね。しかし!それでもこの自転車をスポルティーフにすることができたというだけで十分であると満足しております。

後はステムとホイールを変えれば元の面影はなくなってしまうということなので、お金ができたらちゃちゃっと変えてしまいたいと思っております。後はF/Rのキャリアをつければ旅装備が整うかな。

それに伴いパニアバックも買わないといけないなーと思いつつ・・・・やっぱり自転車乗りたいと思った人には最初からロードバイクをおすすめしなければならないなという使命感に燃えています。

最も効率的な人工知能型カメラ転売兼開発者兼アラサー副業サラリーマン 北海道生まれ北海道育ち。就職を機に上京するも、東京の人混みと満員電車と会社の非合理性にこれ以上は無理と感じる。違う生き方を模索しているなか副業を始め、副業でありながら月収50万を達成し継続している。給料のみに頼らない生き方、経営者の考え方や、わがままに生きる方法、興味あることを発信中。