会社の飲み会・忘年会というクソイベントに行きたくない人のための具体的な断り方と戦略

こんにちは。遠島和人です。

サラリーマンの年末年始といえば!

忘年会や新年会という暮れても憂鬱、あけても憂鬱イベントありますよね・・・

皆さん消耗してますか~?僕の会社では今頃忘年会やってるみたいですね。

それ以前に・・・

  • 月一でなんか飲み会やってみたり
  • キックオフと称して飲み会
  • プロジェクト終わったら飲み会やって

・・・どんだけ飲みたいんだと。

そんな生産性の一切ない会社のクソイベントに一切参加しない僕が参加しなくても不評不満を買わない具体的な方法を伝授します。ちなみに僕は会社の忘年会をスルーしても、もはや何も言われません。(決して誘われないわけではありません。)

それでも表面上は円滑にコミュニケーション取れてます。
皆さん大人ですね。

※自己責任でお願い致します。

今年の年末年始は参加しないことを諦めてください!

この飲み会というクソイベントにもレベルと言うものがあります。

忘年会というイベントは飲み会の中でも非常にランクが高いです。

無駄にこういうのは席次が決まっていたりもすることが多いです。ぶっちゃけいないとバレます。

飲み会・忘年会不参加常連は一日にならず!
肝に銘じてください。

会社の飲み会寄り優先度の高いものを明確にする。

例えば、家族だったり、自分の時間だったり、副業・ブログだったり、会社の飲み会より重要なものを作ってください。

会社の飲み会より重要なものをしっかり認識しないと惰性と参加しないことによる漠然とした恐怖心に負けます。ただ、出世がしたいなんて人は会社の優先度が高いと思うので諦めてください。

会社の飲み会は絶対悪  と認識する。

大して料理がうまくない店、タバコをぱかぱか吸う喫煙者、目上のお酌をしなければならない気苦労、いい年して飲み放題って・・・(大体飲み放題って日本酒選べないんですよね)

飲み会で話すことは結局は会社の愚痴だったり、客の不満だったり・・・酒飲んでしまうとその後寝るだけになってしまいますし、会社の優先度が低い人には絶対悪ですよね?ただ、出世がしたいなんて人は飲み会に参加しない漠然とした不安に襲われるので諦めてください。

飲み会のレベルを明確にする

次に飲み会にもレベルがあります。
大体会社の飲み会は以下に大別されます。
・突発飲み会
・プロジェクト関係飲み会
・定期的飲み会(新年回、歓迎会、忘年会等)

一回休んでみる。

次にこの一歩を踏み出せるかどうかが分かれ目です。

自分の罪悪感をなくすために、何かしら予定を入れましょう。
ここに罪悪感にさいなまれる必要は一切ありません。
貴方には、会社の飲み会なんていう自分の中で優先度の低いものに
時間を浪費している暇なんてないはずです。

ただ、出世がしたいなんて人は会社に時間を使ってください。

※ここでいきなり休み続けないようにしてください。

一回休んだ後、連続で休むと表には出ないですが、微妙な不利益を被ることがあるので注意です。

突発飲み会

これは断っても全く問題ありません。無理に付き合う必要はありません。ただ年の前半は3回に2回、中盤くらいに3回に1回程度は行ってあげると波風がたちません。その年の後半には既に誘われなくなります。あいつは誘っても来ないという認識ができます。

お断り例)

  • ちょっと仕事が残っていて・・・
  • トラブル対応中でして・・・
  • ちょっと緊急度が高いメールの対応してて・・・

くらいで断れるでしょう。
ここで断るのに慣れてください。

プロジェクト関係飲み会

これはお客様との付き合いというのもあるので極力出る必要があります。
ザ、これも仕事です。

この飲みに付き合うことで、お客様からのクレームの度合いが減ったりするので割り切りましょう。

ただしこれはそこまで頻度が高くないと思います。

定期的飲み会(新年回、歓迎会、忘年会等)

このクソイベントををどのように休んでいくかが問題になります。
基本的に早くから予定が組まれることが多く、

事前に
「ここだけは仕事入れないようにしろよ」
とお達しがあると思います。

  • 新年会
  • 方針発表
  • 歓迎会
  • 方針発表
  • 忘年会

ざっとあげてみるとこんなところでしょうか。
半期に一回くらい目標共有とか方針とかのお達しがあってその後に・・・なんてのが多いと思います。忘年会のフォーカスを併せて休んでいくと、

  • 新年会
  • 歓迎会
  • 忘年会

これらを休みましょう。

方針発表とかは強制的に時間を区切られ、その後に飲み会を入れられてしまうため逃げられません。諦めましょう。しかしその他のものは業務後だったりするので休みやすいはずです。

お断り例)

  • 事前に予定が・・・
  • 家族がこちらに来ているのでご飯に行くんですよ。(これは結構効きます)
  • 恋人との約束が・・・(僕はいないので誰か検証してみてください。)
  • みたいアニメが・・・(僕は言えないので誰か検証して見ください。)

さぁこれで来年2017年の貴方は、飲み会不参加常連になれること間違い無しです!
検討を祈ります!

最も効率的な人工知能型カメラ転売兼開発者兼アラサー副業サラリーマン 北海道生まれ北海道育ち。就職を機に上京するも、東京の人混みと満員電車と会社の非合理性にこれ以上は無理と感じる。違う生き方を模索しているなか副業を始め、副業でありながら月収50万を達成し継続している。給料のみに頼らない生き方、経営者の考え方や、わがままに生きる方法、興味あることを発信中。