カメラ転売・輸出で商品を仕入れる時に考えなければならないこととは

こんにちは。いくつも問い合わせを頂いていており忙しい遠島です。

ありがたいことにカメラ転売・輸出についてのお問い合わせをいくつか頂いております。現在僕らが開発中のMarketLink for CAMERAのことだったり、カメラ転売・輸出の話の話だったり。今回は仕入れについての考え方をお伝えしたいと思います。

まずは仕入先

ネットショップやリアル店舗もありですが、やはり仕入先として多くなるのがヤフオクです。サラリーマンをやっているとなかなか、ネットショップに貼り付けなかったり、リアル店舗に行けないですからね。ぼくは都内に住んでいるにもかかわらずそのメリットをまったく活かせていない、ほとんど地方在住と同様の動き方をしていますね。

ヤフオクでの仕入れに関しては以下の記事を参考にしてみてください。

カメラ転売・輸出でヤフオク仕入れを行う時の3つのコツ
カメラ転売・輸出でヤフオク仕入れを行う時の3つのコツをご紹介します。

仕入れ方については、仕入れたい商品に入札をして、適当な金額を入力してその商品を落札するというのが定番の流れになります。

しかしこの適当な金額はなにを持って適当とするかが一番の問題です。

本日はその適当な金額を科学してみようと思います。

落札金額はこう決める

あなたが商品を落札する金額はどのように決めていますか?

このくらいなら買ってもよいかなぁ・・・?

なんて思っていませんか?

それはタダのお買い物で仕入れとはいいません。それではどのように考えるべきかと言いますと・・・。

  1. 得たい利益を決める
  2. 商品の相場を調べる
  3. 送料・手数料を調べる

得たい利益を決める

前提として得たい利益を決めます。例えばぼくの場合だと、商品の状態と現在価格と相場を見ながら、利益が5000円以下の商品に関しては面倒くさいと感じてしまうので、ほとんど仕入れません。

この利益を決めるのが時給みたいなものですね。仕入れから発送梱包などそれぞれやっていれば一品に対して15分程度の時間はかかることになります。

商品の相場を調べる

その次に対象商品の相場を調べます。以下の記事を参考にしてください。

カメラ転売・輸出で安く仕入れて高く売る。”何に対して”安い、高いのか。
こんにちは。副業サラリーマンの遠島です。 こちらの記事で書いておりますが、物販は仕入れではじまって仕入れで終わると書き...

現在価格と各相場の金額を見ながら、その差額既に5000円以下であれば別の商品を見にいきます。ここで5000円以上の利益が取れるようであれば次の手数料を確認します。

送料・手数料を調べる

送料は大体1000円。ヤフオクの手数料は、販売価格から逆算する必要があります。

事例

私は一品に対して利益が5000円はほしい。

そこで落札しようとしている商品の相場が3万円です。

現在の商品価格は5000円です。

指定されている送料は1000円です。

さてあなたが入札可能な金額はいくらでしょうか?

答えはおおよそ21000円です。

どのように計算したか

手数料:商品相場3万円×ヤフオク手数料8.64%= 大体2600円

送料:1000円

ほしい利益:5000円

つまり、30000-2600-1000-5000=21400円

になるわけですね。

上記はヤフオクでの手数料なので、別途AmazonだったりEBAYだったりの手数料は別で考える必要がありますね。また輸入して販売しようとした時は、関税がかかることをお忘れなきよう・・・。

最も効率的な人工知能型カメラ転売兼開発者兼アラサー副業サラリーマン 北海道生まれ北海道育ち。就職を機に上京するも、東京の人混みと満員電車と会社の非合理性にこれ以上は無理と感じる。違う生き方を模索しているなか副業を始め、副業でありながら月収50万を達成し継続している。給料のみに頼らない生き方、経営者の考え方や、わがままに生きる方法、興味あることを発信中。