北海道・札幌の冬の雪道!メンズビジネス用革靴を選ぶならこの靴底がおすすめ!

遠島
遠島

どうも!

北海道・札幌で、なまら寒くなる11月からサラリーマンとして働き始めたとおしまです!

 

私北海道生まれではあるんですが、北海道・札幌で革靴を履いて仕事するのはなんだかんだであまり経験ないんですよね。大学まで北海道にいただけなので、結構普通の靴で何とかなっていたんですよね。

そこで忘れていました・・・雪道の存在を・・・。

東京と北海道・札幌の冬靴の違い

北海道・札幌は雪が積もります。雪が積もってたくさんの人に踏みしめられる、ということは路面がつるつるになるわけですね。

ちなみに東京の革靴って大体こんな感じの底になっているかと思います。


雪が降らないから全然これで問題ないんですけど・・・この靴底で雪道で履いたらマジでつるつる滑りますからね。


いや、つるつる滑るくらいだったら問題ないんですけど、滑って転んで骨折とか頭打ったりとか結構シャレにならないことにもなります。

 

ちなみに、夏靴と冬靴の違いはこんな感じ。だいぶ違いますよね。左が夏靴、右が冬靴です。

 

遠島
遠島

靴の大きさもだいぶ違うような・・・

そして右側の靴の裏面ちょっと色が違うところがあるのわかりますか?上の真ん中部分。ここが実はザラザラしていて地面が氷でも結構踏ん張ってくれるんですよね。

 

ちなみに冬道・雪道に対しての北海道民の謎の意地

多分道民の遺伝子に組み込まれていると思うんですけど、北海道民ってなぜか、「初滑り」という言葉があるくらい、雪道で滑ってはいけない暗黙の了解があるんですよね。

 

滑ったら負け

みたいな。仮に滑ったら・・・

 

これだから内地(一部北海道民の本州の呼び方)に人間は・・・

なんてよくわからないことを言われます笑

そんな滑ったら負けに対抗するために、しっかりとした靴を履きましょう。ちなみに道民は結構冬でも夏靴とか普通に履きます。無駄に冬道・雪道に鍛えられていて経験の違いですね。

 

北海道・札幌の冬の雪道!ビジネス用革靴はどこまでならセーフ?

さてここで気になるのが、冬用の革靴ですね。プライベートあれば本当好きなの履けばよいと思います。こういうのとか、

こういうのを履いている人が多いですね。

 

遠島
遠島

ティンバーランドは本当よく見ますねー(厳密にいうと冬用の靴ではないのですが笑)最近はおしゃれ長靴みたいなのもよく見ます。

ここでプライベートで履く用の靴を見てほしいのですが、結構くるぶしまでカバーするものが多いんですよね。なぜくるぶしくらいまでカバーするかというと・・・

 

遠島
遠島

寒いからに決まってます!

靴がくるぶしまであるかどうかで、だいぶ暖かさが違ってきます

そして想像してみてください・・・・。

札幌は雪が積もるわけですよ。雪がふかふかだと靴の中に雪が入ってきて・・・

 

遠島
遠島

冷たい・・・

ってなるんですね。

ただビジネス用のシューズ・革靴だとどこまで大丈夫なのかいまいちわからないですよね。ティンバーランドみたいなブーツを履いているのか、それとも普通の革靴なのか。

 

北海道・札幌の冬の雪道で履いてもOKな革靴はこれだ!

結論から言うと、こんな感じの靴を履いている人が多かったです!

こういう靴ってなんていうんでしょうね?ブーツっぽいですけど、ブーツじゃないのかな。スニーカーとかだとハイカットって言いそうだけど・・・。教えておしゃれ上級者さん。

もちろん普通に僕みたいな靴を履いている人もいます。暖かい靴下を履けば行ける・・・!

そして案外札幌は地下道が発達しているので、雪道を歩くというのがしっかり場所を選べばあまりありません。

 

北海道・札幌の冬の雪道で履く革靴を事前準備するなら

雪国以外から北海道や雪国に出張するとなると、雪靴・冬靴ってなかなか近くの靴屋さんで購入するのって難しいんですよね。

しかも、雪靴・冬靴って、結構ダサいの多いんですよ。

  • なんかゴワゴワしている
  • 合皮なのがバレバレ
  • 靴表面はわざとらしいつるっつるな感じ
  • シルエットがダサい

 

遠島
遠島

防水だからかもしれませんが・・・。

そんなくそださ冬靴・雪靴が多い中、僕の一押しは久留米市製のこだわりの靴ムーンスターの冬靴・雪靴ですね

普通のストレートチップの靴に見えますよね?

ちょっと見づらいかもしれませんが、WATER PROOFと書かれていて防水アピールもあります。そしてこのバランスワークスという靴だからか、異様に歩きやすいんです。

試しに履いて少し歩いてみたら・・・

遠島
遠島

明らかにほかの靴と違って歩きやすい・・・!なにこれ!

って一人テンション上がってたくらいです笑

ちょい高いかもしれませんが・・・

  • 異様な歩きやすいさ
  • 革靴なのに謎の暖かさ
  • 防水、防滑
  • 冬だけではなく、普通の雨の日にも使える

 

遠島
遠島

雨の日に良い革履きたくないですからねぇ・・・痛むから。

なので僕は東京にいるころから雨の日用の靴はもっていましたw

久留米市製のこだわりの靴ムーンスターおすすめです!

 

北海道札幌に一泊二泊、一週間の出張で冬靴は買いたくない・・・

 

雪道が危ないのは何となくわかる。

ただ一泊二泊、1週間程度の出張でそんなにお金をかけたくない。

 

その気持ち・・・わかります!そんな時はこんなのがあります!

ただこういうの外ではいいんですけど、札幌にいると結構地下とかお店に入ることも少なくないと思います。そんな時にカッツカッツ音が鳴ってうるさいというか非常に気になるんですよね・・・。いちいち外すのも面倒ですしねぇ・・・。

 

遠島
遠島

あとゴムで締め付けられて、革靴が痛みそう・・・。

あとは買わずに頑張るという選択肢もありますが、滑ったり転んだりしないよう気を付けてくださいね!

 

北海道・札幌の冬の雪道で履く革靴を現地で購入するなら

とはいえ、短期の出張とかになるとなかなか準備ができなくて、靴まで気が回らないなんてこともあるでしょう。そもそも靴ってかさばるから、現地で購入しようという方もいるのではないでしょうか。

そんなときにおすすめなお店はこちら!

東京でもおなじみ?東京靴流通センター!

  • 住所:北海道札幌市中央区南2条西2-4-2
  • TEL:011-218-5558
  • 営業時間:10-00-20:00

札幌駅付近で購入してもよいのですが、こちらの靴流通センターのほうがリーズナブルでコスパの高い靴を購入することができます。

どんな感じかというと・・・。これくらいの価格帯です。もう少し安いのもありますけど、6000円~っていう感じですね。

 

あとなぜこのお店をおすすめしたかというと、もしあなたが出張で札幌駅に降り立ったとしても雪道を歩かずここまで来ることができるからです。

もちろん駅からは少し遠いのでタクシーを利用してもよいのですが、札幌駅からこの狸小路まで地下動でつながっているので、一切雪道で滑る心配なくここまで来て冬靴を購入することができるというわけですね。

 

北海道・札幌の冬道を歩くときの靴以外の装備

ちなみに靴以外にも気を付けてほしいポイントがあります。

それは・・・傘!

北海道や雪国以外だと雪降ると傘さしますけど・・・さしてはいけません!

なぜなら・・・

 

遠島
遠島

転んだ時に超絶危ないですよ!想像するだけで・・・

そもそも北海道の雪だと傘さす必要がないんですよ。

というのも、東京のべた雪、べちゃっとした雪と比べて、北海道のさらっとしている雪なので、変に溶けないでに、服についてもさっと払えばOKだからです。

なので東京で雪降ったときに傘を持っていない人は雪国出身というのが大体わかりますw

逆に札幌市内とかで傘をさしている人は、道外から来た人なんだろうなぁっていう感じに気づくことができます。

あと両手がふさがるのも危ないですね。なので・・・

 

手提げのカバンではなく、リュックかショルダーバックがおすすめ

北海道の道を歩くなら、手提げのカバンはおすすめしません。リュックかショルダーバックのほうが安全ですよ。

 

遠島
遠島

ショルダーバックや手提げは肩がこるから、リュックにしました

 

ちなみに僕のお気に入りのリュックはこちら!僕以上にこのリュックをヘビーユーズしている人はいないに違いない・・・。ほとんど毎日、平日休日問わず使ってますからね。

 

 

もちろん手袋もね!

もちろん手袋も忘れずに!普段の防寒、滑ったときの手の保護といろいろ役に立ちます。手袋とかマフラー、靴下とかこういった小物が地味に暖かさを担保してくれます。

僕が愛用しているのはモンベルのこの手袋です。(アマゾンで同じのがなかったのでイメージですが・・・笑)

ポイントは

  • 防水
  • 防風
  • 暖かさ
  • 履きやすさ

ですね。このシリーズはリピートするくらい好きでおすすめできる商品です。ちなみに実際にはこんな感じのです。モンベルストアまで行って是非履いて快適さを実感してみてください。

 

もちろんスマホも触れて

 

クリマプロという、防風性と撥水性を兼ねそろえて、手にあたる部分は起毛していて暖かく。しかもゴワゴワしないでめちゃスマートなので、このシリーズめちゃおすすめです!

 

 

最後に・・・転びやすいのは外ではなく室内

外はアイスバーンや氷が張っていて転びそう!っていうのはわかるのですが、案外転びやすいのは室内に入るとき。

ちょっと想像してみてください。

雪で靴底には雪がついている。コンビニの床はつるつるした素材。他の人が持ち込んだ雪が解けて水分が床の上にある状態・・・。

 

遠島
遠島

滑らないわけがないんですね。北海道・札幌の雪道・冬道を歩くときは気を付けてくださいね。

 

Uターン起業家サラリーマン

何をするにもまずは安心ベース

副業で月800万稼いだからUターン起業した北の大地のサラリーマン

北海道生まれ北海道育ち。就職を機に上京するも、東京の人混みと満員電車と会社の非合理性にこれ以上は無理と感じる。違う生き方を模索しているなか副業を始め、副業でありながら月収50万を達成し継続している。給料のみに頼らない生き方、経営者の考え方やわがままに生きる方法、興味あることを発信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
札幌移住Uターン
遠島和人をフォローする
とおしまがじん