函館観光!蔦屋書店までの函館駅前バス停からの行き方アクセスと店内感想

遠島
遠島

どうも!

函館に四年住んでいた遠島です。

 

僕が函館を出てから建てられて話題になった、蔦屋書店に行ってきました!

ご存知の方は代官山の蔦屋書店みたいな感じのあれですね。

観光でいこうと思って調べるも、基本的には地元民がいくような場所に建っています。

そのため交通の便が最強に不便というか、四年住んでた僕でも行き方が良くわからん!となったので、実際に僕が行った流れを写真込みで説明していきたいと思います!

函館駅前スタート蔦屋書店まで

函館駅前の案内所のバス路線。

 

遠島
遠島

なるほど!わからん!

 

 

蔦屋書店公式ページを見るもこの辺りで乗り換えと言われるも、まじでどの線から乗ればいいのよとなりました。

 

たぶんこの乗り場なんだろうけどどこら乗るねん。

 

ということで、函館駅前を出たらまっすぐ歩いて行くと、右前に路面電車の路線があるので、そちら方向にでかい通りを渡る。

そうすると右手にBoni-moriyaというのが見えてくる。

 

後ろを振り返って函館駅をみるとこんな感じ。


で、Boni-Moriya側に渡ると屋根付きのバス停が見える。

ここからもう少し先に行くとラッキーピエロという、函館ローカルのくっそうまいハンバーガーやさんが右手に見えてきますが、そこまで行っては行き過ぎです。

 

この写真の1番右側の53番のバスに乗るのです。
ただご覧の通り、一時間に一本も怪しいバス。これが田舎だ!

 

大体40分か50分くらいバスに揺られると蔦屋書店に到着。ちなみに帰りのバスもチェック。
まぁそれなりにあるなと。どの方面行くかによるけど。

 

 

函館蔦屋書店外観

ででーん。
蔦屋書店の外観はこんな感じ。

 

函館に似つかわしくないお洒落な外観ですな。僕の出身大学と少し雰囲気似てたり?

 

内観はどんな感じかな。。。?と思ったけど、どうやら写真は駄目らしいということです。

内観に関しては函館蔦屋書店公式ページが一番雰囲気わかりやすいので。そちらを載せておきますね。

函館蔦屋書店の公式ページはこちらから

 

店内イメージ

基本的に店内は広く非常に過ごしやすい感じでしたね。

でありとあらゆるコンテンツがあった感じ、漫画、雑誌、文具、音楽、映画、ゲーム、カードゲーム、雑貨。遊べる本屋て有名なヴィレッジヴンガードを上品にして店内広くした感じ。

ちょいちょい店内に椅子があって、スタバ、ゴディバ、飲食店、勉強?する場所もあって、余裕で一日入れる感じ。

そしてスタバも含め、各箇所に電源を取るところも有るので、本を読みながら何かしらの作業だったりも全然可能ですね。

ただ唯一言えるのは別に観光で行くところでもねーなってこと。地元にいたら月一回行くと楽しめるなってところでした笑

安心人生研究家

何をするにもまずは安心ベース

最も効率的な人工知能型カメラ転売兼開発者兼アラサー副業サラリーマン

北海道生まれ北海道育ち。就職を機に上京するも、東京の人混みと満員電車と会社の非合理性にこれ以上は無理と感じる。違う生き方を模索しているなか副業を始め、副業でありながら月収50万を達成し継続している。給料のみに頼らない生き方、経営者の考え方や、わがままに生きる方法、興味あることを発信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
北海道旅行・お出かけ
遠島和人をフォローする
人生は神ゲーだ!