電気代を1万以上節約!?引っ越して電気を契約する時のお得な方法知ってます?

 

遠島
遠島

どうも!

最近札幌に引っ越してきた遠島です!

 

引っ越してきたときにやることといえば・・・

  • 電気
  • ガス
  • 水道

これらの契約だったり開通ですよねー。

 

遠島
遠島

僕の場合はネットの契約とかもあったりしますが・・・

最近はスマホで完結するとかいっている人もいますが信じられません!(オタク感

 

札幌の場合、水道・ガスは結構決められてしまっているところが多いのですが、電気に関しては別です。

電力自由化が始まっているので、電気は自由に選ぶことができるんですね。

僕は引っ越して初めて気づきました・・・。今まで年間1万円以上無駄にしていたなんて・・・。

とはいえ、電気ってどうやって契約して、北海道・札幌ならどこの電気と契約するのが一番良いのか?というのをご紹介していきますね!

 

北海道・札幌の電気の契約の手順について

北海道に限らず、電気の契約は基本的に北海道ならほくでん、東京なら東京電力と地域の電気会社に電話をして、住所と名前、利用開始日を伝えて利用開始という流れになります。

大体の人はそこで、地域の電力会社とそのまま契約してしまうのではないでしょうか?

 

遠島
遠島

それは非常にもったいない!

 

結局面倒になって更新とか変更とかしないのであれば、お得なほうが良いですね?

とはいえそれを自分で調べるのも面倒くさい・・・。

 

 

遠島
遠島

その気持ちめっちゃわかります・・・・。

僕らが聞きたいのって、安くていいところを紹介してほしいだけですからね!

 

電気は契約しないと使えない?

この記事を読んでいる方はもしかしたら、ちょうど電気の契約ってどうするんだっけ?早く電気の契約をしないと電気が利用できない・・・。

なんて思っていませんか?

遠島
遠島

そんなことないんですよ!

電気がないとこのご時世人間死んでしまいますからね・・・。特に北海道。胆振大地震のときにだいぶそれは身にしみたのではないでしょうか。

それはひとまず置いといて、電気は電力会社と契約しなくても使えるんですね。

というのも引っ越しの時を思い返していただくとわかるかもしれませんが、ブレーカーを上げれば電気ついて部屋の内覧とかをしていましたよね?

あれと同じ状況なんです。

しかしそのまま電力会社と契約しないまま電気を使っているとお手紙が来て、契約してねとい催促がされるので、なるべく早く契約するようにしましょう。

 

北海道・札幌で安く電気を契約するなら・・・ここ!

それでは本題の、北海道・札幌で安く電気を契約するなら・・・

まずはこちらに電話!

電気料金プランを比較して電気代を今よりお安く!【電気チョイス】

ここに電話するとどんな感じかということをお話しさせていただきますね。

 

電気代を1万以上節約!?格安電気の申し込み手順

とはいえ申し込み手順といっても、

電気料金プランを比較して電気代を今よりお安く!【電気チョイス】

こちらに電話をかけていただければ大体ことが完了します。

ただ月々の電気料金のわかるものを持っておくとよいです。具体的には電気料金表ですね。

 

自分の住んでいるところと、大体の利用電力量を聞かれるので、それにこたえるだけでその地域の一番お得なところを紹介してくれて、そのまま契約みたいな流れですね。

ちなみに北海道・札幌だと大体、LOOOP電気になるんじゃないかなぁと思っています。

 

注意・気を付けてほしい点。それは・・・

ただ一点気を付けてほしいことがあります。

それは、その電気会社が、電話での問い合わせを受け付けているかということ。

 

えっ!このご時世電話での対応をしていないところがあるの!?

と思うかもしれませんが・・・

 

遠島
遠島

あるんです!

 

電気自由化の電気を提供している会社の中には、コスト削減のためにか電話での問い合わせをしていない会社が少なくありません。

なにかあったときに電話がつながらないのでは困りますよね。

安かろう悪かろうでは困るということですね。なんといっても生活インフラですからね。

北海道民であればある程度どうにかなることが胆振大震災で発覚してしまいましたが、冬はさすがにそうはいきません。

ちなみにLOOOP電気は、電話問い合わせ先があるので安心です^^

 

 

 

Uターン起業家サラリーマン

何をするにもまずは安心ベース

副業で月800万稼いだからUターン起業した北の大地のサラリーマン

北海道生まれ北海道育ち。就職を機に上京するも、東京の人混みと満員電車と会社の非合理性にこれ以上は無理と感じる。違う生き方を模索しているなか副業を始め、副業でありながら月収50万を達成し継続している。給料のみに頼らない生き方、経営者の考え方やわがままに生きる方法、興味あることを発信中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
節約
遠島和人をフォローする
とおしまがじん